不登校の子どもに寄り添う学びの場!効果的な塾の選び方と親のサポート

公開日:2024/05/15


今回は、不登校の子どもに寄り添う、効果的な塾の選び方と親のサポートについて紹介します。不登校であっても学びの場を提供したいと感じている親御さんは多いでしょう。本記事では、こうした親御さんのために不登校の子どもに寄り添う塾の選び方と、親のサポートについて紹介します。

不登校の子どもでも塾に通うことは可能

子どもが不登校であっても、学校とは別の学びの場を提供したいと考える方も多いでしょう。実際に、不登校であっても塾へ通うことは可能であり、家から出られない子どもであってもオンラインによる学習は可能です。

不登校の子どもが、どのようにして塾へ通うことが可能なのか紹介します。

不登校専門塾

塾のなかには、不登校の子どもを専門に扱う塾があります。不登校専門塾では、学習面はもちろん、メンタルケアの面に対してもサポートをおこないます。

学校の学習に遅れないようサポートし、学校復帰ができるタイミングを見計らいながら学力も補ってくれるため安心です。

塾が必要な不登校の子どもとは

不登校の子どもは、家でゲームやユーチューブばかりしているという家庭も多いでしょう。共働き世帯が増えるなかで、不登校の子どもがいる場合は日中何をしているのか分からない親御さんもいるでしょう。

もし、子どもが勉強嫌いで何もできない・気が向いた時しか勉強していない子どもであれば、塾へ通うことが必要といえます。

不登校の子どもが通える塾とは

不登校の子どもが通える塾として、個別指導塾とオンライン塾があります。個別指導塾であれば、学校の同級生に合う確率も少なく、学力に合った学習ができるでしょう。

また、講師やほかの学校の生徒との交流は、家族以外の人と交流が持てる唯一の場でもあります。

不登校の子どもを支えるために塾を利用するメリット

不登校の子どもが塾を利用するのは、子どもの将来にとって大きなメリットとなります。不登校の子どもを支えるために、塾を利用するメリットについて紹介します。

塾での学習が学校への出席とみなされる

学校へ通わなくても、一定の条件を満たせば学力をつけて希望する高校や大学へ進学することは可能です。

なお、出席とみなされる一定の条件については、親御さんが所属する中学校や高校・塾との連携をしっかりおこなうことが必要です。それと同時に、子どものサポートにも目を向けることが親御さんのできることでしょう。

復学のサポートやメンタルケアをおこなう塾もある

塾のなかには、不登校の子どもを数多く引き受けて指導してきた塾や、認定試験対策を経て大学合格へ導いた塾も存在します。なかには、メンタルの悩みを専門家と連携して対応してくれる塾もあるでしょう。

親御さんはあらかじめ、いくつかの塾へ足を運んで話を聞き比較するとよいといえます。

塾へ通ううちに復学できる場合も

不登校の子どものなかには、塾へ通っているうちに復学したケースも見られます。学校の学習についていけない理由で不登校となり、塾で成績を上げた結果学力の問題がクリアとなり学校へ通えるようになった子どももいます。

また、人と話すのが苦手だったけど、塾へ通いだしてからは対面的な恐れがなくなり、復学できるパターンもあります。

効果的な学習環境構には親のサポートが不可欠

子どもから学校へ通いたくないといわれたら、どうしたら良いか悩む親御さんも多いでしょう。なかには、親の育て方が悪かったと自分を責める方もいるかと思います。不登校であっても、効果的な学習環境構には親のサポートが不可欠です。親のサポートが必要な理由について紹介します。

担当やスクールカウンセラーと連絡を取り合う

まず、子どもが学校を休みたいと言ったら、学校を休んでよいことを伝えましょう。これまで、悩みながらも登校していたことを褒め、子どもの気持ちを楽にさせてあげることが先決です。

そして、このような状況が続きそうな場合は、先生やスクールカウンセラーと連絡を取り合います。不登校の子どもはどうしても、家庭で辛い自分を見せないように生活してしまいます。

実際に、学校ではどのように生活していたのか、先生やスクールカウンセラーと連絡を取り合うことで見えてくる部分があるでしょう。

塾や家庭教師など学校以外の人間関係をつくる

子どもの不登校が長期化すると、親御さんも精神的に疲れてくるでしょう。ここで知っておいてほしいことは、学校だけが学びの場ではないということです。

親御さんは不登校の子供をサポートするために、塾や家庭教師も学びの場のひとつとして認識しておくことです。

また、不登校が長期化しそうな場合は、高校受験から大学受験まで見据えた塾選びをするとよいでしょう。人間関係が苦手な生徒であれば、個別指導塾やオンライン指導塾を選べるため安心です。

子どもが不登校になった場合、焦らずに学習環境を整えてあげることこそ親ができる最大のサポートです。

まとめ

本記事では、不登校の子どもに寄り添う学びの場である、効果的な塾の選び方と親のサポートについて紹介しました。不登校の子どもは年々増えており、とくにコロナ禍を経て増えたとされています。

しかし、昔とは異なり絶対学校へ行かなくてはいけないということはありません。子どもに合った塾を選ぶことで、学校へ通わなくても高校・大学受験をすることは可能です。本記事が、不登校の子どもを持つ親ごさんの参考になれば幸いです。

つくば市でおすすめの塾5選!

イメージ1
2
3
4
5
会社名小野塾思学舎グループ 土一・竹園TOPPA館つくば校早稲田アカデミー つくば校茨進 つくば竹園校竹園進学教室
特徴大手予備校と中小規模の塾のメリットを兼ね備えた地域密着型の学習塾一人ひとりを見つめた指導で「自ら学ぶ力」を確実に伸ばす学習塾独自のシステムやノウハウで学力を伸ばし、憧れの第一志望合格を叶える学習塾小1から高3年までを対象とし、目的と個性に合わせて指導を行う学習塾創業から40年以上の歴史をもち、独自の指導システムで受験成功へと導く学習塾
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索